top of page
  • 北斗工機株式会社

ネットエルボ

穀物プラントでは、特定のラインを様々な品種で使用する場合があります。

例えば小麦と金時豆で同じラインを使用する際、より流れにくい小麦に合わせた、鋭角なシュートパイプ角度を採用しなければなりません。

一方で、そのようなシュートパイプは、金時豆で使用する際の流下速度を増加させ、従来用いられているゴムエルボでは、継ぎ手部分での損傷は低減できるものの、十分な流下速度の低減ができず、着点で原料に大きなダメージを与えてしまいます。

当社のネットエルボ(特許第6982901号)は、原料をやさしく受け止めて減速することで、着点衝撃による原料ダメージを低減することが可能です。



最新記事

すべて表示

HRS-8515F

豆用粗選別機(HRSシリーズ)に、タイプFが加わりました。 タイプFは低揚程の全回転フォークリフトによるスチールコンテナ投入と、通常のフォークリフトによるフレコン投入に柔軟に対応可能です。 容量可変式の投入ホッパーから、電磁フィーダー、専用昇降機を経て回転選別機に供給されます。 また、昨年の収穫期に問題となった「小豆の青さや」に対応するために、小豆専用スクリーンも選択可能となりました。 詳細につい

Comments


bottom of page