• 北斗工機(株)総務部

東網走麦乾施設の工事完了



O農協様向けの麦類乾燥調製貯蔵施設の新設・増設工事が7月14日に完了いたしました!



もともと国内最大級であった既存施設の隣に建設を行いました。

新施設では1時間当たり12tを処理できる選別機を導入、さらに500tのサイロを5基増設、計量棟の改造も行い、施設全体での貯蔵能力は3万5950tとなり、国産小麦の主産地であるオホーツク地方に相応しい施設となっております。


市、農協、協力会社の皆様方のお力のおかげで、完成までこぎつけることができました。

誠にありがとうございました。

〈広大なオホーツクの中でも一際目立つ建物となっています。〉

最新記事

すべて表示

AGRiS取り扱いのお知らせ

穀物調製施設向けに、遠隔監視が可能な生産管理システムAGRiS(アグリス)の取り扱いを始めました。