北斗工機株式会社は

北海道の農業の役に立ちたいとの思いから生まれた会社です。

施設

Project & Works

北斗工機が手掛けたプラントのご紹介

 

ごあいさつ

 お客さま、協力会社さま、お取引先さま、日頃より当社の事業にご理解・ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社は、いもでん粉や穀物の乾燥機を柱に農業プラントインフラにかかわる多様な要素技術を有し、道内をはじめ全国各地にご愛用頂き幅広い農業領域で社会に貢献しています。
 その多様性を「強み」として「総合エンジニアリング力」を創出し、お客様のご要望に対応できる施工力を強みとし、プラントエンジニアリング会社として保守メンテナンスから多くの施設建設に携わり実績を積み重ねて参りました。

 本格的な少子高齢化を迎え人手不足などさまざまな問題が生まれつつありますが、スマート農業と生産現場での大規模化が進み、農業プラント施設規模もより合理化され大型そして大処理施設が求められると考えております。
 わたしたち北斗工機は将来の自動化プラント施設を見据え常に成長と挑戦をし続け、技術開発をスピードアップさせ、その技術力を発信していくことによってお客さまへ新しい価値を提供できると考えております。

 今後もお客さま第一の姿勢を変えることなく、しっかりとした信頼関係を築き、情熱をもって一層の精進をする決意をしております。
 

北斗工機株式会社
代表取締役社長
 

会社概要

商号

北斗工機株式会社

所在地

札幌市西区八軒10条東4丁目3-10

創業

昭和30年2月8日

資本金

4,800万円

代表取締役社長

須藤 聡

社員数

27人

研究所

札幌市西区八軒10条西12丁目6-5

​出張所

オホーツク出張所(所在地:網走市新町2丁目3番1号 網走交通ビル23号室)

十勝出張所(所在地:帯広市東2条南15丁目10 ぜんりん第3ビル1-E)

建設業許可

【特定】建築一式、鋼構造物、土木、屋根、板金、塗装

【一般】電気、管

許可番号

北海道知事許可(特・般-01)石 第02813号

北海道知事許可(特・般-02)石 第02813号

営業種目

穀類乾燥調製施設、気流乾燥機、澱粉工業諸機械、濃縮、粉砕、集塵、輸送、その他化学機械同上に関連する建設工事の一切

主な取引先

全国農業協同組合連合会・ホクレン農業協同組合連合会・各地農業協同組合

取引銀行

北洋銀行(本店営業部)・北海道信連(本所)

建築士事務所

一級建築士事務所 北斗工機株式会社

北海道知事登録(石)第6223 号 令和2年5月22日登録

古物商許可

北海道公安委員会許可
第101030001764号
機械工具類商
令和2年6月9日交付

会社の沿革

 
 

1955年

北斗工機株式会社設立

資本金50万円、代表取締役として奥田大三が就任

所在地を札幌市中央区南1条西2丁目 池内ビルとし、合理化澱粉工場向けの「フラッシュドライヤー」の開発販売を開始

1957年

資本金を200万円とする

1960年

渡辺昇が社長就任

1966年

資本金を350万円とし、所在地を札幌市中央区北2条西2丁目 弘済ビルとする

麦・豆用乾燥機の納入開始

1969年

資本金を700万円とし、所在地を札幌市中央区北2条西3丁目 札幌ビルとする

1970年

資本金を1,200万円とする
籾用乾燥機の納入開始、穀類乾燥機が主力となる

1971年

コーンスターチ乾燥機の納入

1972年

北海道で初めてカントリー施設を建設

1975年

資本金を2,000万円とする
世界初の馬鈴薯でん粉の蛋白回収工場建設

1976年

資本金を3,800万円とする

1977年

マスタークラッシャーの製造販売開始
穀類用HGD型乾燥機の開発販売開始

1983年

安孫子和彦が社長就任

1986年

所在地を札幌市西区八軒9条西9丁目 札西ビルとする
北見・網走地区の体制強化のため、斜里に出張所を開設
日本初のステビアの乾燥施設建設
道外向け籾用大型乾燥機製造販売開始

1987年

小麦用全天候型屋外大型乾燥機の製造販売開始

1991年

新社屋建設、所在地を札幌市西区八軒10条東4丁目3番10号とする
佐藤一彦が社長就任
室井孝仁が社長就任

2000年

十勝地区の体制強化のため、帯広に出張所を開設

2003年

高級菜豆(金時・大豆)専用全自動除湿乾燥機開発

2005年

研究開発の充実を図るため、研究所を発寒から八軒へ移転

2009年

日本初甘藷でん粉フラッシュドライヤー乾燥連続製造設備を建設

2013年

工藤博司が社長就任

2019年

須藤聡が社長就任

安全への取り組み

安全衛生方針

当社は、人命尊重の原点に立ち、企業の社会的責任であることを認識して、安全で快適な職場環境作りを図り、これを継続的に改善していくと共に、そのパフォーマンスの継続的な改善を行う。
「人命尊重」の基本理念に立って、各人の持場・立場で施工と安全の一体化を図り、交通災害及び労働災害、ならびに重大疾病の未然防止を図る。
労働安全衛生に関わる法規制だけではなく、それに準ずる様々な要求事項の順守を、作業員一人ひとりまで含めた全従業員に徹底していく。

基本方針

安全はすべての作業に優先させ、災害ゼロから危険ゼロを目指す。

重点施策

国際規格に基づいた労働安全衛生マネジメントシステムを構築、維持し、以下の事項を推進して継続的改善を図る。

  1. 安全衛生管理体制の活性化と強化

  2. 安全衛生教育の充実

  3. 安全衛生パトロールの強化

  4. 交通災害撲滅のための予防活動の強化

  5. 全社員の健康の保持増進と重大疾病の防止

1/1

ISO45001 登録証書

ISO45001 付属書

 
北斗工機株式会社.png

TEL 011-747-5355

FAX 011-747-0444

北海道札幌市西区八軒10条東4丁目3-10