top of page
  • 北斗工機株式会社

AGRiS機能拡張

更新日:2月5日




AGRiSのバージョンアップにより、A-CAS機能が提供可能となりました。


 A-CAS

(AGRiS-Conditional Auto Stop)

 アグリス 条件付き自動停止



A-CASは、リアルタイム流量監視に基づく自動停止機能により、生産時間延長を可能とします。


ある日の夕方、それまでの生産データを見て、一定時間の自動運転が可能と判断した場合、稼働時間タイマーのセットと同時に、各選別機の流量監視レンジを設定することで、自動運転(途中でシステムが選別不良と判定した際は、その時点で停止)を行い、その過程はAGRiSで監視、記録されます。



今回の機能追加は、我々の考える第4世代「システムが人を補助する時代」を具体化するもので、今後2030年代前半での「システムが主体となって運用される」第5世代プラント提供にむけて、さらなる技術開発を重ねてまいります。



販売元のPVダイジェスト版もご覧ください。


最新記事

すべて表示

HRS-8515F

豆用粗選別機(HRSシリーズ)に、タイプFが加わりました。 タイプFは低揚程の全回転フォークリフトによるスチールコンテナ投入と、通常のフォークリフトによるフレコン投入に柔軟に対応可能です。 容量可変式の投入ホッパーから、電磁フィーダー、専用昇降機を経て回転選別機に供給されます。 また、昨年の収穫期に問題となった「小豆の青さや」に対応するために、小豆専用スクリーンも選択可能となりました。 詳細につい

Comments


bottom of page